24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2016年11月18日金曜日

アンケートの限界




みなさんこんにちは。
企画デザイン課の鈴木です。

朝の出勤中、橋で日影になっているところに霜が降りていました。

いよいよ冬の気配も強くなってきましたね。

突然ですが、私はよくスーパーの西友を利用していました。
そこで売られているプライベートブランドで「みなさまのお墨付き」というのものがあります。

私、あれの「チューハイドライストロング」が安いうえに、変な添加物も入っていないので大好きです^^
フレッシュレモンを絞ると最高です。

このお墨付きシリーズですが、必ず『消費者の支持率◯%』と書かれて陳列されています。

恐らくアンケートを基にした数値なのでしょうが、販売元が「この商品は良い!」とPRするよりも、実際に購買している消費者が支持しているとPRした方が、なんだか信憑性が高く感じますよね。

西友はプロモーションが本当に上手だなといつも思います。



しかし一方では、市場調査アンケートでニーズをしっかりつかんで送り出した商品が全く売れなかった・・・という話をよく聞きます。

ニーズがあるはずなのに売れない。

そこにはアンケート特有の事情があるんだそうです。

アンケートに記入するとき、多くの人が自分の主観ではなく、社会的な観点から答えてしまうことが多いのだそうです。

つまり表向きのニーズはつかめるが、その裏に潜んでいる真のニーズはつかめない、ということです。

これは、アンケートも口コミも同じです。

私の体感としてですが、100回広告しても、1回の口コミには勝てないと感じています。
それほどに現代は、口コミ・アンケートが消費者に与える影響が大きいのですが、それを信じ込んで行動することには少し注意した方が良いかもしれません。

その効果に目を付けた業者が、自作自演の口コミで集客するなどということも起きています。

アンケートも口コミも大事ですが、「百聞は一見にしかず」です。

もし婚活を検討していて、どこの結婚相談所にしようか迷っている方がこのブログをご覧になっているのなら、自分の気になったところは実際に足を運んで説明を聞いてみましょう。

婚活をするのは、アンケートや口コミを書いた人ではなく「あなた」自身です。


余談ですが、西友仙台泉店、閉店してしまいましたね。
よく利用していたので残念でなりません・・・。

「みなさまのお墨付き」について、支持率表記が信頼できないといっているのではありませんのでご理解ください。


当ブログをご覧になり、「いいね!」と思った方は、下のどちらかのボタンを押して頂けますと嬉しいです!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村