24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2015年7月24日金曜日

本当にあった!婚活事件簿4つ





こんにちは。

企画デザイン課鈴木です。


梅雨空でむしむしする毎日が続いていますね。
今日も歩いて駅に向かうだけで汗だくになってしまいました^^;

夏風邪も流行っていますので、皆様お気を付け下さい。

さて、今日は過去に起こった結婚情報サービスにまつわる事件についてご紹介したいと思います。



先日、仙台のとある大学に在籍する女子大生が、出会い系で知り合った男性に対して睡眠薬入りの手作りチョコを食べさせて昏睡状態にし、金品を盗むというショッキングな事件がありました。

この事件を見て、過去にどんな事件がおきているのか・・・知っておく必要があると思い、色々調べてみました。


事件簿1
年齢詐称で詐欺


当時69歳の女性が42歳と偽ってお見合いをし、当時49歳の男性から現金100万円をだまし取った事件。
女性は自由になる金が欲しくなり、おとなしい性格の男性から現金をだまし取れる、と思ったのだという。
(Naverまとめより)


事件簿2
職業詐称で詐欺


インターネットで自分を「学生」「介護ヘルパー」などと自己紹介。ハンドルネームを使い分け、一度に複数の男性と交際。
「学費が未納で卒業できない。卒業したらあなたに尽くします」等、結婚話を持ち掛け、金が口座に振り込まれた後は別れ話を切り出し、だまし取った。
被害者は40代~70代と幅広く、70代の男性は7400万円も渡していたとされている。
(Naverまとめより)


事件簿3
既婚者が詐欺


夫のいる無職の女性(当時45)が逮捕された。
50代の会社員に結婚話を持ち掛け、男性の実家の母親の面倒を見て信用させ10万円をだましとった。(Naverまとめより)


事件簿4
高齢者を狙った毒殺


こちらは最近話題の事件なので、皆様覚えている方も多いと思いますが、67歳女性が結婚相談所を通じて結婚した男性75歳を青酸化合物で殺害した事件。
この女性は過去に何度も結婚、パートナーとの死別を繰り返しており、そのたびに多額の遺産を手にしていた。過去死別したパートナーも同じく殺害されたとの見方が強まっている。


いかがでしたでしょうか?
これらの事件に共通することは、いずれも「本人確認の不備」によるものです。

では、このような事件にあわないようにするためにはどうすれば良いか?

ずばり「本人確認」をしっかりとする結婚情報サービスをご利用されることです。

ステラの場合、ご入会の際に本人確認書類として以下のものをご用意頂いております。

  • 独身証明書
  • 住民票
  • 源泉徴収票又は所得証明書
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、社員証等)
  • 短大卒以上の方は卒業証明書
  • 資格や免許を有する職業の場合、その証明書

活動に関しても、会員様へ専任のカウンセラーが就き、お世話をすることでトラブルが起こった時に事態が深刻化することを未然に防げるようになっています。

結婚情報サービス全体がしっかりと対応することで、
真剣に結婚を望む方の気持ちを逆手に取ったこのような卑劣な事件がなくなればと切に願います。

当ブログをご覧になり、「いいね!」と思った方は、下のどちらかのボタンを押して頂けますと嬉しいです!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村