24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2015年6月26日金曜日

山形花笠まつりに広告掲載!





こんにちは!
企画デザイン課の鈴木です。


6月に入って暑い日が多くなり
いよいよ夏が間近に迫ってきているようです。

東北の夏といえば、
「東北夏祭り」ですよね!

その中の一つ「山形花笠まつり」にステラの広告が
掲載されることとなりましたのでお知らせいたします。




せっかくなので山形花笠まつりの由来を調べてみました。

発祥は意外にも最近 昭和38年

花笠まつり公式ホームページによると、昭和38年(1963)、山形県、山形市、山形新聞社、山形商工会議所などが中心となり、蔵王の観光開発とPRを目的に開催された「蔵王なつまつり」のイベントの一つであった「花笠音頭パレード」が発祥で、昭和40年に単独の「山形花笠まつり」として開催されるようになったそうです。


花笠音頭の発祥も意外に最近

「山形花笠まつり」で歌われる「花笠音頭」。
山形県民なら誰でも一度は聞いたことのあるこのメロディーですが、現在の賑やかな伴奏を入れて民謡化したのは昭和初期頃、元唄も大正8年頃に尾花沢(山形県)郊外のかんがい用溜め池工事の土突(どんつ)き作業をする時に、調子を合わせるための作業歌に「渡り土方」が歌う船方節や八木節などがミックスされて新しく歌われた土突き歌が発祥だと言われています。

私は産まれも育ちも山形でしたが、由来までは知らなかったので
意外に最近だったことに驚きました。

だから「尾花沢花笠」があるんですね。

今年は8月5日~7日まで!

山形市中心部七日町通りで開催されます。
公式ホームページに詳しく掲載されているのでご確認ください!
【山形花笠まつり公式ホームページ】

あっ!こんなことされる方はいらっしゃらないかと思いますが、
ドローン(無人航空機)の使用は禁止のようです。ご注意ください^^;


花笠まつり告知ポスター・チラシに
ステラの広告が掲載されます。

7月上旬より山形市内300ヶ所に「山形花笠まつり」 の告知ポスターが掲出されます。
その中にステラの広告が掲載されます。
また、山形市内の読売新聞の折込チラシに同様にステラの広告が掲載されます。
この広告が目印です

山形市からは仙台市へのアクセスも良く、多くの会員様がいらっしゃいます。
また、寒河江市にサテライトサロンが新たに開設され、山形での活動も可能となりました。

ぜひこの機会にステラで婚活をご検討下さい。

8月5日は定休日ですので、私も久しぶりに山形に行ってみようかな!?



当ブログをご覧になり、「いいね!」と思った方は、下のどちらかのボタンを押して頂けますと嬉しいです!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村