24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2014年9月11日木曜日

《 震災3年半いまだ24万人超避難 》




経営企画室のSです。





東日本大震災、今日で発生から3年半を迎えます。



復興庁によると避難者は8月14日の時点で24万5622人。
岩手、宮城、福島の3県で「仮設住宅」や「みなし仮設」に暮らす避難者は約19万人。
県外に避難している人は3県で5万5636人に上り、福島第1原発事故の影響を受ける
福島県民が4万7149人と84%を占める。
最近では、今でも被災3県で9万人以上の方々がプレハブの仮設住宅で暮らし、
建物の劣化による健康被害が懸念される。

ステラでは微力ではありますが、津波による被災者が様々な
意図により作成した復興支援グッズを購入し、資料請求の方や
ご来店申込の方々に特典としてご提供させて頂いております。


「ハートブローチ」
このハートブローチは、被災地の復興支援目的として「東北支援プロジェクト EAST LOOP」の一環で、被災地にお住いの方の手によって、ひとつひとつ丁寧に編み上げてつくられています。

台紙の裏面には、作られた方のお名前が記載されています。
二つのハートが重なったデザインや「つながる」というキーワードが、ステラのご縁結びへの想いにもつながっています。



「香フクロウ」
この香フクロウは、復興支援グッズとして、
蒲生地区で被災し、みなし仮設に住んでいる方々によって手作りで作られています。

2羽セットになった手編みのふくろうの中には、ラベンダーのポプリが入っていて、気持ちが安らぐ香りがします。
2羽のフクロウが幸せなご成婚を目指してほしいという「ステラ」の想いにもつながっています。




ステラは東北復興を「ご縁結び」と考え多くの「ご成婚カップル」
誕生させてまいりました。
今後も数多くの「ご成婚」を目指してまいります。






【ツイッター】で最新情報をお知らせします。
よろしければ右サイドの欄よりフォローをお願い致します!


【フェイスブック】もあります。
よろしければ右サイドの欄より「いいね!」をお願い致します!