24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2013年7月29日月曜日

「気遣い」の大切さ



こんにちは。
企画デザイン課の高橋です。





普段私はデザインのお仕事をさせていただいているのですが、
土曜日・日曜日の2日間はサロンのお手伝いをしてきました。


受け付けやお茶出し、サロンを見回って
テーブルは綺麗か、置いたままのコップはないか、
お部屋の物が乱れていないかなどチェックしていました。

お手伝いをしていて気付いたことがありました。

それは、気遣いの大切さです。


お部屋を綺麗に保つことも、
傘を持っているお客様に「お預かりします」と声がけをすることも
お客様に快適にステラを利用していただくための気遣い。

していることは当たり前のことですが、
気遣いの気持ちを持ってするのと持たずにするのでは
やはり違いが出てくるのではないかと思います。


気遣いというのはデザインをする際にも言えることで、
お客様の立場になって制作をすると自然といい物に
仕上がってくる気がします。

お仕事だけではなく、人とお付き合いをするうえでも
気遣いは大切ですよね。



気遣いの大切さを、サロンのお手伝いをしていて
改めて考えさせられました。