24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2012年11月28日水曜日

アスリートの結婚



こんにちは。

マーケティング事業部の鈴木です。


昨日ニュースでロンドン五輪体操男子金メダリストの
内村航平選手(23)が結婚したとの報道がされました。

23歳での結婚・・・男性の平均初婚年齢が30歳を越える
現在において、とても若い結婚ですね。

しかし、今年の始めには
楽天の田中将大投手(23)が結婚、
ゴルフの石川遼選手(21)の婚約が報道されるなど
アスリートの間では若い結婚が目立っています。

過酷なトレーニング、結果が重視される
厳しいアスリートの世界だからこそ、
早い内に生涯の伴侶を得て、自分の仕事に専念できる
環境を整えることが大切なのでしょうね。

また、精神的な支えを得られることも
大きな要素になっていると思います。

昨日のテレビ番組で45歳で孤独死した
女性の例が取り上げられていました。

38歳独身で会社を辞め、新たな仕事に就けず、お金が底をつき、
鬱になって絶食状態が続き、衰弱して亡くなったそうです。

もし、この女性にパートナーがいたら、
このような事態は避けられたのだと思います。

一人で生きることを否定している訳ではありませんが、
共に支えあうパートナーがいると人生がもっと楽しく、
充実したものになると思います。


あなたの充実した人生を送るためのパートナー探しは
ステラがお手伝いします。


・・・石川遼君は21歳で婚約ですが、
ステラでは男性の入会資格は22歳からですので
お気を付け下さいね。





 

2012年11月23日金曜日

感動の涙の成婚式




お客様相談室のSです。






幸せな2人への「ご祝辞」が涙で言葉が・・・。

私たちスタッフ一同は、心を込めて会員様と接しています。

その集大成が「ご成婚式」です。

良縁で結ばれるように、専任のカウンセラー(仲人)が会員様
1人1人と向き合い二人三脚で歩んでまいります。

「ご成婚への道のり」は様々です。

ステラは短期成婚実績3ヶ月の記録を今回塗り替えました。
なんと2ケ月半です。(ご入会からご成婚まで)

まさに「運命の出会い」です。

しかし、この「ご縁」のタイミングは人によって違います。

2ケ月半の人もいれば、8ヶ月の人もいます。
中には1年半の人もいます。
また、1年間で「お見合回数17回」の人もいます。

ステラは確実な「出会いの場」を多く提供できます。

あとは専任のカウンセラーと一緒に婚活の努力を行うことが、
「ご成婚」への近道だと考えます。

嬉しいことに私の泣く機会が、大変多くなっています。
今後もスタッフ一同は「良縁結び」に努力してまいります。

※涙を流すだけでなく、最近は涙で「声も出ないぐらいの」
  号泣になってしまいました。
  これからも号泣しながら「ご祝辞」をお伝えしてまいります。
  そして、ステラは「幸せなお二人」からのパワーを頂き、
  さらに多くの会員様を「ご成婚」へと導いてまいります。


幸せになる予感
それはステラから

2012年11月14日水曜日

平均初婚年齢




こんにちは。

マーケティング事業部の鈴木です。




少し前にニュースで平均初婚年齢について
『男性が30歳を越えた』という報道がありました。

平成22年の

男性の平均初婚年齢は30.5歳

女性の平均初婚年齢は28.8歳

だそうです。


平成になってからの20年間で、

男性は約2歳女性は約3歳も平均初婚年齢が上昇しています。

これをご覧になってどう思われるでしょうか?

自分はまだ大丈夫かな・・・と思っているあなた、
興味深い情報がインターネットにありました。

恋愛結婚の場合の平均交際期間ですが、
2010年では4.4年になっております。

つまり、結婚の前にこの平均的な期間で交際していると仮定すると、

男性は約26歳女性は約24歳
生涯を共にするパートナーとの交際を
始めているという事になります。

恋愛結婚を目指す場合、これほどの時間がかかります。
これを考えると早め早めの婚活が重要になります。

しかし、結婚相談所ではその状況が異なります。
お互いに結婚を目的として活動していますから、
価値観等が合えば結婚までの道のりは近いのです。

ステラではお互いの価値観や将来に対する考えを
考慮し、カウンセラーが最適な方をご紹介します。

おかげさまで、ご入会からご成婚まで3ヶ月という
スピード婚をされる方も出て参りました。

結婚相談所でパートナーを見つけることも、
恋愛結婚と同じ偶然の巡り合わせによるものです。

結婚したい!と思われている方は、結婚相談所をご利用されることも、
お考えになってはいかがでしょうか?


2012年11月11日日曜日

本と片付けと秋




こんにちは。
マーケティング事業部の高橋です。








いよいよ、秋ですね。
みなさんは どんな秋をお過ごしでしたでしょうか?

私は 秋らしいことといえば 会社帰りに
「読書の秋」を過ごしておりました。

最近読んだ本は 「片付けの魔法」 という本です。


この本は「片付け」について書いてある本なのですが、

読んでみると「なるほどな。」と思うような おもしろいことが
書いてあり

(「物を捨てるときは自分の ときめき を大切にすると良い」など。)

ちょうど 部屋がごちゃつき始めていたこともあり、
早速実践してみていた一ヶ月でした。

切ったり洗ったり 時には組み立てたり

 片付け終わった部屋は

自分の「好き」なものがしぼられていて
気持ちがいいなぁと思いました。

片付けをしていて気づいたこと(本の影響もあり) は
「今」必要なものは あまり多くないなということ。

少し足りないくらい スペースを空けておくことが
丁度いいのかも、と思いました。

しばらくの間片付けにはまり 「家具」を買って 抱えて帰ることが
日課になっていた私ですが 

一ヶ月経って ようやく落ち着いてきました。


「芸術の秋」も 合間を縫って 再開中です。

秋も もうそろそろ終わりですが
いづれ絵なども 機会があったら 載せさせていただきますね。^ー^

それではまた。
高橋でした。