24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2012年2月29日水曜日

仙台都市圏




アドバイザーのSです。






2月は訪問面談でよく山形県へ行きました。

と言うのも、私たちが考えている以上に山形県と仙台市の結びつきが強いということを改めて感じました。

その背景には、仙台と山形は仙山都市圏として、古くから交流が盛んだったことに加え、

仙山交流の交通アクセスの利便性の良さがあげられます。

私も訪問面談でよく感じるのですが、山形の人は

「心が温かい」「親切な人が多い」「人情が厚い」といったことで、

弊社「山形・宮城」のカップルが多く誕生しています。

勿論「山形・山形」のカップルも同様です。

特に震災以降、山形県の多くの男性・女性が仙台で婚活を行っています。

あなたも「東北最大の都市(仙台)」で婚活をはじめませんか?

2012年2月13日月曜日

石巻工業センバツ甲子園出場

石巻工、震災乗り越え21世紀枠/センバツ(日刊スポーツ)
震災で傷ついた街の思いを石巻工が実現した。午後3時1分。小黒秀紀校長(59)と握手を交わした松本嘉次監督(44)は、黙ったままだった。「言葉がでなかった。皆さまの思いを感じとることが出来た瞬間です。この地区の悲願ですから」。数学の授業中だった阿部翔人主将(2年)は、担任から「選ばれたぞ!」という言葉を聞くと、左手でそっと涙をぬぐった。「みんなで『地域のために』と言ってやってきた。うれしい。」。あの日からの332日が、走馬灯のようによみがえった。




お客様相談室 室長のSです。






幾多の苦難を乗り越えての初出場。私たちのお客様にも石巻市の方々がいます。
家を失い、家族を亡くされた方も多くご入会されています。
私たちは全力で「ご縁組み」することが被災地の復興につながると考え日々努力しています。(良き伴侶を得て共に前へ進むことを祈って!!)
今回、微力ではありますが、ステラ結婚情報センターは、石巻工業高等学校の甲子園出場に協賛し、応援させていただきます。

石巻球児の溌剌とした全力プレーが、被災地に元気をもたらすことでしょう。