24時間受付【WEB資料請求】はこちら≫
  

2011年11月19日土曜日

震災後、絆求め婚活熱


みなさんこんにちは。
マーケティング部の鈴木です。

少し前の記事になりますが、2011年10月25日の
朝日新聞に以下のような内容の記事が
掲載されましたのでご紹介します。



『結婚相談所や自治体事業盛況』

東日本大震災後、結婚相談所への相談や入会が増えている。
人とのつながりを求め、特に女性の側で、結婚への意識が
高まっているようだ。
人口増加を目指して婚活支援事業に
取り組み出した各県なども、この機運を生かしたい考え。
ただ、すぐに成果を求めず、長く続けることが必要、と専門家は指摘する。
(記事内容より一部抜粋)


ステラでも東日本大震災以降、結婚について真剣にお悩みの方を
全力でサポートして参ります。

結婚相談所として、一組でも多くのご縁結びを行い、
東北復興の一助となれるよう精進してまいります。

2011年11月9日水曜日

結婚相談所におけるカウンセラーに求められるものは何か




みなさん、こんにちは。
カウンセラーの竹中です。

今回、私が考える『カウンセラーの役割』をみなさんに知っていただきたいと思います。



最初に結婚相談所に来る人はどんな人かと考えた場合、

結婚したいけどできない人、
出会いの少ない人、
人付き合いが苦手な人、
異性と付き合ったことがないなどのネガティブな人や
いろんな人と出会いたい人、
結婚という目的達成のため近道を選ぶ人、
条件重視で相手を選びたい人等、

数えたらきりがないくらい、いろんな個性の方がみえます。


そのさまざまな個性の方と常に向き合っていかなければなりません。
結婚や恋愛というセンシティブな部分に触れていくので大変でもあります。


相手が心を開いてくれないとむずかしい仕事でもあるので、
カウンセラーに求められるものはたくさんあります。


信頼、安心、理解力、聴く力、コミュニケーション力等が必要になってくると思います。


結婚カウンセラーは異質なもので、単に仕事として割り切れるものではなく、
心から幸せになってもらいたい、人生を明るく生きて欲しいというような願いや気持ちが
原動力やモチベーションになると思います。


カウンセラーは、あくまで結婚という入り口へのお手伝いをいかにするべきかといったことが重要でしょう。

2011年11月4日金曜日

こんにちは、マーケティング部の鈴木です。

2~3週間前ほどから髭を伸ばすことにチャレンジしています。
このような髭スタイルを目指しています
髭はおしゃれの一つとして、たくさんの方が伸ばしています。
Yahoo!の画像検索で「髭 有名人」で検索すると、
ジョニー・デップ、阿部寛、豊川悦司など、そうそうたるメンバーが出てきます。

ちなみに私は、髭を生やしている有名人では、上記メンバーはもちろんのこと、浅野忠信さんや松田龍平さんなども好きです。


髭はただ伸ばすだけでは、不清潔な無精髭になってしまいます。
伸ばし放題の無精髭では、女性の印象も悪くなってしまいます。
格好よく伸ばすにはしっかりとしたケアが必要です。


わたしは髭を伸ばすにあたり髭トリマーを購入したり、インターネットで髭情報専門サイトを見たりしています。
某サイトでは髭を伸ばすときはどういう形にするか、はじめのうちにしっかりと決めて、伸ばすところ、伸ばさないところをしっかり分けることが重要とのことでした。

髭を伸ばそうとお考えの方は、ただの無精髭にならないように気を付けてくださいね。